DANCE SHOW CASE その3

  • 2018.10.08 Monday
  • 15:21

連休最終日、今日も暑いです。
日中は半袖でもいいですね。
困ったもんだ、、、(;´д`)



タップクラスの紹介です。

タップクラスは1991年スタジオの設立と同時に始まりました。

そして、1996年に楽満先生にタップの先生として来ていただくことになり、今に至ります。

楽満先生とも、長い付き合いになるんだなあ〜(しみじみ、、、)

その当時、タップをする人が少なくて、、、
ジャズと平行してタップを始める人が多かったですね。


何故、タップなの??
何ででしょうね〜(笑)

私はミュージカルが大好きで、昔からフレッド・アステアが歌いながらタップを踏むシーンなどをよく見ていたので(あ、リアルタイムでは見てません!!笑)
自然とダンスとタップは、当たり前に繋がっているものだと思ってました。

勿論、そこにバレエやヒップホップも入りますよね。

なので、最初はジャズとタップから始まったのです!!


タップは地道に足でリズムを刻むので、真面目な人が多い気がします(笑)

今回の発表会は、ベテラン組(中級クラス)が、仕事や予定が入って不参加( ̄▽ ̄;)
中級は、高校3年生の女子ふたり!!
そして、そして、「今年になってタップを始めました。」というキッズ&初級クラス6人、合わせて8人が出演します。

このキッズ&初級クラスは凄いです。
小学生から60代まで、年齢や性別、面白い位にバラバラですが、タップシューズを履いて一生懸命練習しています。

初舞台なので、みんなドキドキかなあ〜(^ω^)

がんばれ〜〜!!


14日は、あたたかい拍手をどうぞ宜しくお願いします。

 

 










 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

リンク

スタジオDDネット

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM